青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

【スマート農業】 リンゴもぎ機が青森を変える?

 

センサー技術・画像認識技術の発達による技術革新

f:id:virtue000000:20191109162424j:plain

りんごなどの木に生る果実類の収穫において自動化が導入されてこなかった理由として、センサー技術、画像認識技術が不十分だったことが挙げらます。

しかし、ここ数年で大きく進歩したAIによる画像認識や自動運転などに搭載されるLiDARといったセンサー技術の発達により、果実類の収穫に必要な技術が揃い始めています。

日本企業ではヤマハ発動機がアメリカのリンゴ自動収穫ソリューション開発のスタートアップ企業Abundant Robotics社に出資し技術開発を行っています。

 

自動化は農業の持続可能性を向上させる

農業の自動化は人から仕事を奪うでしょうか?

答えはYESでありNOです。

既存の手で収穫を行うという業務は無くなっていくでしょう。

しかし、ロボットをメンテナンスすることやより効率的なシステムを考えることが新しい仕事となると思われます。

また従来農業は生き物を相手にするため、週休二日といった働き方の面では不自由な点が多々ありました。しかし、これらが自動化されることで農業従事者の時間的余裕が生まれ、より生産的かつ健康的な労働環境を提供することが可能になると思われます。

 

キーワード

LiDAR(Light Detection and Ranging)

 

参照サイト

ロボットがリンゴを収穫する時代がやってきた(動画あり)

NEWS WEB “農業嫌い”なりんご農家が導入した機械がすごかった12月2日 17時55分

abundantrobotics

ヤマハ発動機 米国のスタートアップ企業「Abundant Robotics」へ出資 ~果菜農業での自動化推進を通じた省人化・生産性向上に貢献~

T&G Global

Iron Ox

浜松ホトニクス LiDAR