青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

【化学者のためのPython学習】学習を始める前に見ておきたいサイト、書籍3選

Python、機械学習について理解を深めたい。

しかし情報が多すぎて何から手を付ければ良いか分からないということが多々あります。私もそんな悩みを持つ人間の一人で、サイト、書籍、ウェブ商材等、色々と見て回りました。

結果、おすすめしたいものを以下にまとめました。

もしも、これからPython、機械学習を始める方がいらっしゃれば参考にして頂ければ幸いです。

 

 

一番最初に読んで頂きたいサイト

「Qiita」はプログラミングに関する知識を記録・共有するWebサイトで非常にわかりやすい記事が豊富で重宝させて頂いてます。

その中で最初に見ておけば理解が深まると思う記事のリンクを下に張っています。

Qiita 機械学習をざっくりと理解する

 

機械学習の大きな分類についての話で、独学していると必ず出てくる用語についてシンプルに説明されています。

機械学習と言ってもその種類は多岐に渡るので、自身が行いたい分析がどのような位置にいるのか確認すると理解が深まると思います。

 

「化学×機械学習」おすすめの書籍

私はPythonを学習して「化学」に関する応用をしたいと考えています。

このキーワードで探したところ「化学者のためのPythonによる機械学習入門」を見つけました。

 

おすすめな点として著者である金子弘昌さんのサイトからサンプルコードを引用できることがあります。実際に手を動かしながら学習を進められるので理解が深まるのが早いと思いました。

難点としては少し数式が多い点です。数学を専門にしていないとこの単語は何を表しているのかな?っと調べる手間は発生します。

 

知識共有プラットフォーム「ブレイン」の教材

ネットの情報教材についても購入してみました。

情報商材というと高価で怪しいというイメージがあったのですが、1000円程でお試しでという気分で購入しました。

構成としてはPython環境の構築から始まり、探索的データ解析、決定木、ランダムフォレストといったデータ解析をサンプルデータセットを使用して学習するという内容です。

 

こちらの教材も先ほどの書籍と同様に手を動かしながら学習できるので、実践的で学びやすかったです。上手く動作すればサンプルデータセットを自身が解析したいデータセットに移し替えて導入できるクオリティはあると思います。

難点としては機械学習の原理やコードの説明について省かれているところが多かったので自身で調べる必要があった点です。

Python学習スターターキッド

 

 まとめ

如何でしたでしょうか?

どちらかというと詳しく機械学習を学ぶというより、手を動かせる教材が中心の解説になりました。

みなさんが実際に手を動かしてよりPython学習への深い理解に繋がれば幸いです。