青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

青森県の百貨店 中三

初めに

青森県に存在し現在経営再建中の百貨店「中三」について今回は書いていきます。

私が小さなころはお盆やお正月に遊びに行く百貨店として慣れ親しみ、出店エリアに住む多くの人の想いでの中に中三のはあったと思います。

そんな中三の成り立ちから経営破綻、そして現在の経営再建に向けての取り組みを調べられる範囲で調べてみました。

 

 

中三の沿革

創業は1896年で何と明治時代です。青森県五所川原市で呉服屋が始まりで、1935年に法人化、戦後の1950年に株式会社化しました。この時点では呉服屋がメインだったと思われます。

1962年に弘前市に弘前店を開店、1964年には五所川原店を百貨店として営業を開始しました。日本は当時高度経済成長期の真っただ中(1954~1973)、旺盛な市民の消費を取り込みながら中三は百貨店として飛躍の一歩を踏み出しました。

1974年には青森市に青森店を開業、1981年には岩手県に進出し、盛岡店、二戸店を開業しました。

f:id:virtue000000:20200104203623j:plain

1992年にはイオンが柏村(現つがる市)に進出してくると、郊外型百貨店の成長ポテンシャルを読み取り、イオンと組んで秋田市にイオン秋田ショッピングセンターをを開店した。そして売上高は約416億円に達しました。しかし、ここに失われた20年が中三を飲み込んでいきます。

1997年、五所川原市に郊外型ショッピングセンターエルムの街がイトーヨーカドーを核店舗として出店してくると、五所川原近郊の提携店が閉店に追い込まれ五所川原市中心街の集客力が低下、中三五所川原店もその影響でピーク時に54億円あった売上高が24億円と半額以下となり、2006年に閉店に追い込まれた。

売上高の減少は五所川原店の閉店以降継続し、2009年、2010年には二期連続の赤字を計上していた。これに止めを刺したのが2011年の東日本大震災による盛岡店の爆発事故で盛岡店は休業に追い込まれ、同年3月に民事再生法を適用を青森地裁に申請し、経営破綻した。

 

再生へ向けた動き

再生は投資ファンド、フェニックス・キャピタルと2011年7月にスポンサー契約を結んだ。このおかげで青森店と弘前店は営業を続けながら再建を目指すことになりました。

このおかげでこの前紹介した「中みそ」も同じ場所で食べることができて嬉しく思います。

そして2015年には青森地裁から民事再生法の終了手続きを終えて、フェニックス・キャピタルから青森市の企業MiKが全株式を取得し、引き続き経営再建に取り組んでいます。このMiKは旅館業、農産品の販売などを行うグループ企業を傘下に持っており、中三とどの様なシナジー効果を出すことを考えているのか今後見ていきたいと思います。

www.mik-group.co.jp

 

個人的な感想

中三は明治に創業した歴史の長さブランドイメージにして高度経済成長期に呉服屋から百貨店に転身することで大きく飛躍したというイメージです。ある意味攻めの経営ができていた時期とも言えます。1990年代に入り、経営が低迷していたところに震災の被害が加わり決定打となりました。

しかし私は決定打となった震災被害が無くとも、中三の低迷は続いていたと思います。理由としては買い物の手法がネットに移ってきたこと、青森県の人口の低下などが挙げられます。

百貨店はネットでは体験できないリアル店舗ならではのイベントを行いネットとの差別化を図らなければなりませんが、人口が低下し、高齢化が進む都市ではその様な攻めの経営を行っても赤字が増えます。

中三は百貨店という業態から新しい業態を創造するような破壊的なイノベーションを起こさなければ遅かれ早かれ倒産になっていたと思ってしまいます。

f:id:virtue000000:20200104203733j:plain

 

これは中三だけに言える問題なのでしょうか。

私の考えはNOです。日本には多くの数の企業があり専門家でない私は調べ切ることはできませんが、現在の業態そのものが古くなりその古い業態の上で攻めれば赤字、守れば泥沼の消耗戦に陥るという事例は多々あると思います。

この状態に陥った時にこそ業種を変える、混ぜる、創造するといった全く新しい切り口を生み出せる感性とそれを実行できる風土を持った会社だけが生き残っていくのかな~と思って今回は終わりにしたいと思います。