青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

【読書感想・レビュー】ふらいんぐうぃっち 8巻、第47話、モッホにしてはいけないこと

「ふらいんぐうぃっち 8巻、第47話」の感想について書いていきたいと思います。

ネタバレを含みますので、ご了承の上お読みください。

 

紹介する本の基本情報

書籍名:ふらいんぐうぃっち 8巻

初版発行:2019年8月1日

著者:石塚千尋

発行:株式会社 講談社

 

第47話、モッホにしてはいけないこと

岩木山が見えるリンゴ園、真琴はそこで摘果作業をしています。

第4巻21話で花摘みをしましたが、今回はその花から実になったものを選別する作業です。

リンゴが出来るまで色々と手間がかかっていると改めて実感します。

農家の方には脱帽です。

 

真琴が摘果作業を進めていると、木の間に巣箱が置いてあります。

農家のトシエさんに尋ねるとモッホの巣だと教えてくれます。

モッホ??。フクロウのことだそうです。

 

何でもリンゴの木の根に悪さをするネズミを減らしてもらう目的で巣箱を設置してリンゴ園に居住してもらっているそうです。

知らなかった!

リンゴ園はマメコバチといいモッホといい、小さな生態系が築かれているんですね!

この事実に真琴も興奮ぎみです!

 

しかし今はちょうど子育てシーズンは終わり、巣箱にいないのではないかと言われました。

残念がる真琴

そこに圭くんが声をかけます。

圭くん真琴、真琴。あそこ」

 

指の先にはモッホが眠そうな顔で木に止まっています。

ホッホーと声も聞こえてきます。

嬉しくなった真琴「ホッホー」と鳴き声を真似ます。

するとこちらに反応したモッホ

 

f:id:virtue000000:20200312222702j:plain

ふらいんぐうぃっち8巻128ページより引用

次の瞬間、モッホは勢いよく飛び立ち真琴の頭上をかすめて飛んでいきました。

更に旋回して戻ってきます。

トシエさん真琴に逃げるように伝えます!

モッホ真琴が鳴き声を真似たことで縄張りを荒らす敵だと認識されたみたいだと伝えます。

それを聞いた真琴は慌てて畑を退散します。

 

後日、喫茶店コンクルシオ。

真琴圭くん杏子は先日にモッホに追いかけ回されたことを話します。

若干モッホ恐怖症の真琴。。。

 

その話を聞いていたオロルが近くにやってきます。

オロルはどこのリンゴ園の話か?と尋ねます。

圭くんは「ミワのリンゴ園」だと答えます。

 

するとオロル真琴を襲ったモッホに巣箱の斡旋をしたのは自分だと答えます。

何でもオロル不動産業をやっているらしく、例のモッホとも知り合いとのこと。

なので真琴の誤解を解くために交渉に出向いてくれるそうです。

 

善は急げということで早速リンゴ園に向かう二人と一羽。

リンゴ園につくとまずは例のモッホが本当に真琴を敵視しているか確認するためにリンゴ園に入っていきます。

すると待ってましたとばかりに例のモッホが飛び出してきました!

 

逃げる真琴

どうやらモッホは相当警戒しているようです。

そこにオロルが仲介に入ります。

モッホオロルに会うと久しぶり~という表情になり、互いにハグします(笑)

 

オロルモッホの主張を聞きます。

すると真琴の鳴き真似があまりにも上手く、真琴のことを縄張りを荒らしに来たオスのモッホだと勘違いしてることが判明!

真琴はどう見ても人ですが、モッホは見た目では判別できないようです。

 

そこでオロルから提案が。

真琴が別の動物の真似をしてオスのモッホだというイメージを上書きすれば良いのではと。

真琴はさっそく両手を頭に添えてピョーンピョーンとジャンプし始めました。

そしてモッホに向けて「うさぎだぴょーん」と一言(笑)

 

これを見たモッホは何故か激昂💦

何でも「ふざけてんじゃねー」と言われてるそうです。

その後も真琴は動物の真似を続けます。

 

そして真琴がゴリラの真似をし始めました。

ウホ!ウホ!言いながらドラミングをするその姿は迫真の演技です!

これを見たモッホオロルに何かを伝えます。

 

杏子真琴に誤解が解けたということを伝えます。

真琴は目を輝かせながら「ゴリラだと思ってくれました?」と聞きます。

あれ?なんか目的変わってますよ真琴さん

杏子「何の動物かは知らないけどモッホはそんな変な顔しないよって」

 

第47話終了です!

 

感想

 リンゴを受粉させるためにマメコバチを飼っていることは知っていましたが、モッホ(フクロウ)の巣箱をリンゴ園に設置していることは知りませんでした。

確かに偶に林の方から鳴き声が聞こえるのでフクロウが青森にいることは知ってましたがリンゴ産業にも貢献してたんですね~

 

鳴き声は「ホッホー」と作中では表現されてましたが、私は「ホーホーホッホー」という声をよく聞きます。

あまり鳥について詳しくないので断定はできないですが、モッホじゃないかな~?と記事を書いて思っていました。

機会があればふらいんぐうぃっちの聖地巡礼を兼ねてバードウォッチングに出かけるのも良いかもしれませんね。

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!