青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

【読書感想・レビュー】ふらいんぐうぃっち 4巻、第20話、魔女の爪はアーモンド

「ふらいんぐうぃっち 4巻、第20話」の感想について書いていきたいと思います。

ネタバレを含みますので、ご了承の上お読みください。

 

 

紹介する本の基本情報

書籍名:ふらいんぐうぃっち 4巻

初版発行:2016年3月1日

著者:石塚千尋

発行:株式会社 講談社

 

第20話、魔女の爪はアーモンド

場面は学校の調理室。

みんなエプロンに着替えています。

なおさん真琴の三角巾がズレていたのか直してあげてます。

なおさんは優しいですね~

 

調理実習のお題は4品。

カレー、ハンバーグ、サラダ、クッキーです。

カレーとハンバーグが二つあるなんて高校生やらしいボリュームのある内容です!!

 

調理班は3名1組。

真琴の班には圭くんなおさんがいます。

日頃から料理をしている圭くんがいるのは心強いですね。

一方なおさんは不安な表情。。。どうやら料理が苦手のようです。

 

まずは調理の担当分けをしました。

あみだくじを作成した結果、以下のようになりました。

真琴:サラダとクッキー

圭くん:カレー

なおさん:ハンバーグ

 

f:id:virtue000000:20200223225231j:plain

早速調理に取り掛かったなおさんですが、玉ねぎを切る様子が不安です。

前かがみになり、手元もぐらついています。

さらに力みすぎたのか刃が一気に入り、ザンっという音の元玉ねぎを一刀両断!

なおさん「うあぁあっ!!」

 

これを見かねた先生がなおさんの指導に入ります。

にゃんこの手にして切り始めたところ、安定しましたε-(´∀`*)ホッ

圭くんはそのころ電子レンジで玉ねぎを少し温めています。

 

その理由はというと玉ねぎを切る時に涙が出にくくなるためと、号泣するなおさんの前で説明します(笑)

(圭くんはなおさんの玉ねぎを温めようと声をかけたのですが、なおさんは集中するあまり声が届いていないのでした(笑))

 

なおさんは次に具材をボールに入れて手でこねはじめました。

なおさん「キモきもちいい!」

??どうやら「キモい」と「気持ちいい」の中間のような感覚らしいです。

確かに分からなくもないです。

 

こねること数分。

生地が滑らかになってきました。

あとは一個分のサイズにして、両手でキャッチボールして空気を抜きます。

ぺちぺちぺちぺち(両手で生地をキャッチボールする音)

 

f:id:virtue000000:20200223230034j:plain

ふらいんぐうぃっち4巻42ページより引用

なおさんは楽勝の表情です。

しかし、その一瞬の気の緩みで手から生地が落下してしまいました💦

死んだ目をするなおさん(笑)

なおさん「これ圭のね」

圭くん「オイ」

 

最後にハンバーグはフライパンで焼いて完成です。

良い感じですね~

やっと気持ちの余裕ができたのか、なおさん真琴の料理の進捗を聞きます。

 

真琴の担当はクッキーでしたね。

なおさんは魔女っぽいクッキーはあるのかと質問します。

そこで真琴「魔女の小指」というクッキーを提案しました。

なんでも縁結びのおまじないの効果があるようです。

 

話しをしている間にハンバーグの焼き加減がちょうど良くなってきました。

なおさん! 焦げないうちに盛り付けないと💦

ふ~、無事に盛り付け完了しました。

 

なおさんのハンバーグの出来栄えを褒める真琴

なおさん真琴の方に振り返ります。

すると真琴「人間の指」を持っています!!

ホラーのような展開にビビるなおさん。今回二回目の悲鳴を上げてしまいました。

 

真琴が持っていたのは「人間の指」ではなくクッキーの生地でつくった作り物でした。

これが「魔女の小指」というクッキーらしく、何でもリアルに作るのがコツだそうです。

オーブンに入れて食後に焼きあがるのを待ちます。

 

f:id:virtue000000:20200223225923j:plain

ふらいんぐうぃっち4巻53ページより引用

そんなやり取りをしている間に圭くんのカレーも完成しました。

あとはご飯を持って食べるだけです!

炊飯器を開けてっと。。。

ご飯炊き忘れてました。。。

 

第20話終了です!

 

まとめ

今回は家庭科の料理実習でした。

圭くん真琴は料理が上手いのは知っていましたが、なおさんは苦手ということが判明しました。

 

真琴は方向音痴、圭くんはお化けが苦手、なおさんは料理が苦手と三者三様苦手なものがあるんだとわかったお話でした。

 

ではまた次回の記事でお会いしましょう!

第21話はこちら

第19話はこちら