青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

【読書感想・レビュー】ふらいんぐうぃっち 4巻、第19話、魔女のローブは十人十色

「ふらいんぐうぃっち 4巻、第19話」の感想について書いていきたいと思います。

ネタバレを含みますので、ご了承の上お読みください。

 

 

紹介する本の基本情報

書籍名:ふらいんぐうぃっち 4巻

初版発行:2016年3月1日

著者:石塚千尋

発行:株式会社 講談社

 

第19話、魔女のローブは十人十色

真琴が鏡の前で魔女ローブを着ています。

しかしサイズが合わない様子。。。

中学校に入学した時に作った品らしく、サイズだけでなく虫食いなど所々にガタがきています。

 

そろそろ新調の時期なのかも。

そう考えてた真琴は早速材料を仕入れるために奈々さんに布屋さんの場所を聞きます。

初めての場所ですが、地図を頼りに方向音痴克服のため一人で向かうことにチャレンジする真琴

 

チトさんを後ろに乗せて出発進行です!

今日も岩木山が綺麗に見えてますね~

真琴はそのまま弘前公園上空を超えて中央弘前駅方面に向かいます。

 

着陸したのはレンガ倉庫の近くですね。

2020年から美術館として開業するレンガ倉庫は弘前の活性化に期待大です!

ja.wikipedia.org

 

真琴は踏切を超えて一路布屋さんを目指します。

途中、人に助けてもらいながらも、真琴は迷わず布屋さんに着くことができました。

やったね!

 

真琴は早速布選びを始めます。

ローブには表と裏二枚の布をそれぞれ使う様です。

二枚使用するなら組み合わせも色々ありますし、これは悩みそうです💦

 

するとチトさん何やら気になる布があるようです。

真琴がついていくとクロネコ柄の布が!チトさんとお揃いですね!

さらに目のところは蛍光になっています。

チトさんはすっかり気にいってしまいました。ローブには使えないですが1mほど購入することにしました。

 

真琴の方も布選びが終わりました!

でも、もう一着作れるほど予算が余ってしまいました。

しかし、ローブは一着あれば十分どうしましょうか?

 

するとチトさんにアイデアが。

チトさん「ニャニャー」

真琴「それは良いアイデア!」

 

f:id:virtue000000:20200223224814j:plain

その頃家では千夏ちゃんが学校から帰ってきました。

奈々さん千夏ちゃんに好きな色を質問します。

千夏ちゃん赤かな

 

それを聞いた奈々さんは何やらメールを打っています。

千夏ちゃんは気になりますが、奈々さんは内緒~と教えてくれません(笑)

 

またしばらくすると真琴が帰ってきました。

真琴は居間でおやつを食べている千夏ちゃんに声をかけ、何やら身体の寸法を取り始めました。

なんか話が見えてきましたね!

 

採寸が終わった真琴は別部屋に移動して、千夏ちゃんにしばらくは覗かないように念押しします。

が、千夏ちゃん秒速で扉を開けてミシンの準備をしている真琴を見つけます。

観念した真琴は一緒に作業することになります。

 

すっかり日が沈んだころ、真琴が作業を終えました。

完成です!!

出来上がったのは真紅の魔女のローブでした。

サイズも千夏ちゃんぴったりです!

 

千夏ちゃんは出来栄えに凄く満足しています。

真琴にお礼を言う千夏ちゃん

真琴チトさんの提案もあったことを伝え、千夏ちゃんチトさんに全身で感謝の意を示します。

 

f:id:virtue000000:20200223224610j:plain

ふらいんぐうぃっち4巻27ページより引用

圭くんはそんな楽しそうな声を聴いて居間に行こうとします。

すると廊下で何かを踏んだ感触が。。。

下を見ると何やら無数の目が光っています💦(チトさんに買った布です)

圭くん「うおっ!!」

 

第19話終了です!

 

 

まとめ

今回から第4巻に入りました。

2020年3月の現時点だと8巻まで出版されているので、丁度折り返し地点です。

 

あと久しぶりの弘前散策のシーンがありました。

私は学生の時にたま~に中央弘前駅を利用していたので何となく見覚えのある景色が見れて凄く楽しかったです。

 

では、また次回の記事でお会いしましょう!

第20話はこちら

第18話はこちら