青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

【ブログで稼ぐ善悪論】平行線な話を無くす手段

こんにちは、TAKAです。

先日副業ブログの収益に関する記事を読みました。

 

「お金を稼ぐことを目的にブログを書く。」

「ブログを書いて結果的にお金を得る。」

この点について色んな方が意見を述べ、意見が交わされていると思います。

私はこれは価値観の話なので、正解はないと思っています

ただ難しい問題なだけに感情的になることがあると思います。

私もこの記事を読んだときは心が「ざわついて」しまい、上手く言葉が出てきませんでした。

2月6日から言葉が詰まる理由や考えを整理してました。

そしてやっと何となく私の考えがまとまったので文章にして、私の気持ちを落ち着けるために書いていきたいと思います。

あくまでひとつの意見としてお読みいただけると幸いです。

saewataru.hatenablog.com

 

 

議論を始める前に

記事を書いていく前にまず言葉を定義したいと思います。

あくまでこの記事内での定義です。

言葉の定義を決めておけば、質問・批評があった際、議論の発散を避けることができると思っています。

 

社会的価値:

自身の行為が自身のみらず、周囲に知的、経済的、倫理的利益を持たすこと

 

個人的価値

自身の行為が自身の範囲で収まること。

 

論理的正しさ:

実験的、科学的に証明できること。例:1+1=2は正しい

 

経済的正しさ:

原資からそれ以上の利益を生み出すこと。例:100から101を生み出すことは正しい

                     改善することは正しい

 

法律的正しさ:

倫理的な意見は尊重されること。例:法律の条文に従うことが正しい

 

ブログで稼ぐ=?

考えるに当たり判断基準を三つ用意しました。

 

(判断基準)

①論理的正しさ 例:1+1=2は正しい

②経済的正しさ 例:お金を稼ぐのは正しい

③法律的正しさ 例:法律の条文に従うことが正しい

 

上記で書いた「社会的価値」という言葉を定義を言い換えると。

「基本的価値は①②③を満たすもの」となります。

 

①を欠くと「妄想」

②を欠くと「趣味」

③を欠くと「罪」

と定義します。

「妄想」「趣味」「罪」は個人的価値に当てはまります。

図にするとこんな感じです。

*「妄想」や「趣味」に価値がないとは考えていません。あくまで個人の価値範囲に留まるというイメージです。

 

f:id:virtue000000:20200215091639j:plain

「ブログで稼ぐ」を分解します。

「ブログ」は①③を満たします。何故なら文字を書くことは論理的であり、現代においては言論の自由があることから法律に触れることはありません。

「稼ぐ」は②を満たします。

よって「ブログで稼ぐ」は①②③を満たし基本的価値を有すると判断されます。

 

「ブログで稼ぐことを喧伝する」こと

上記から「ブログで稼ぐ」は社会的価値を有することが証明されました。

では、ブログで稼げることを喧伝するのはどうでしょうか?

世の中にはきちんとしたマーケティングやITの知識と理論を持って「稼げる」方法を教えて下さっている発信者がおり、私もそのような方が発信されているブログサイトの作り方などを参考にさせて頂いてます。

マーケティングやITは論理的に正しい学問です。故に「ブログで稼げることを喧伝する」ことは①②③を満たします。

 

しかし中にはマーケティングやITの様な理論的ではない方法でもって「ブログで稼げることを喧伝」しているものがあるのも事実です。

例えば「マルチ・ねずみ講」、「100%などをうたい文句にした商品」です。

これは①に該当しないためただの「妄想」に過ぎないと思います。

なのでどんな現象でも一括りにせず、例外をきちんと見極めて議論することが大切なのかなと思います。

 

よくある平行線な議論

私は文章化、図示化してようやくわかりやすく自分でも腑に落ちました。

それまで私が腑に落ちなかった理由としては①論理的な正しさと②経済的正しさを混同して考えていたからです。

ここの切り分けをして、議論する相手と定義付けてから議論しないと「良い悪い」、「善悪」の認識がズレたまま不毛な議論になります。

そして私たちは「善悪論」を語る時に善悪の定義をしないで、議論に突入しがちです。

そこは一旦ブレーキをかけて、言葉を定義した上で主張をしてもらえると誤解無く建設的な意見交換ができると思います。

 

平行線になる危険性を秘めた話題の他の例

節税は①論理的正しさと③法律的正しさについて混同された意見が並びがちだと感じます。節税は③に抵触してないからです。ただ、気持ちのいいものではないですよね。

www.yutorism.jp