青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

就職活動の悩み 自分の軸は何なのか?

初めに

 最近仕事の方で大学生と関わる機会がありました。

 私はまだ社会人3年生ですが、当時を就職で色々と悩んだことを思い出しました。

 就活シーズンまであと数か月となってきましたが、個人的に何に悩んでどの様な決断をしたのか書いておきたいと思います。

 

 

大学で学んだことを生かしたい

 理系の人間だと自分の研究テーマに1年、院まで行けば3年向き合うことになります。

 私は長く付き合ったものほど愛着がわく性格なのか、自分の研究も可愛がっていました(理系の戯言だと思って聞いてください)。

 就職するときも、ドンピシャの研究職や技術職ではなくとも何らかの形で理系の仕事に関わりたいと考えていました。

 これが私の一本目の軸です。

 

地元に帰るべきか

 そして次に考えたのが働く場所です。

 私は大学は青森県の外に出ていました。

 それなりに町の生活もして、都会の便利さを享受していたと思います。

 ただし一方で必ずしも都会が良いとは考えてませんでした。

 性格的に無いなら無いで何とかするタイプというのもありますし、ネットが発達している今日では情報も物も地方でも大抵手に入ります。

 また親の事もあります。

 今は元気でも将来的にはどうなるかわかりません。

 近くに居るほうが何かと都合が良いことがあるのは現実的にあります。

 これが私の二本目の軸でした。

 

地元の企業を調べる、おや理系の職場が無いぞ

 そして私は青森県の理系の仕事をネット経由で探してみることにしました。

 しかし、思ったよりも募集をかけている企業がないことを覚えています。

 スーパー、農業(私は農学部では無かったのですが)、原発関係、電力会社、銀行などなどが一応の候補として上がりました。

 また公務員なども考えました、理系でも技術職という枠がわずかながら存在し、そこならスキルを活かせるかもと思ったからです。

 また警察も考えました。テレビの影響か科捜研みたいな部署がないのかな~という軽いノリで調べてました。

 

就活始まる、そして

 エントリーシートを書いて、通知が届くと面接に行く。

 そんな日々がしばらく続きました。

 ある企業は一次面接で落ちて、ある企業は一次面接突破ということを繰り返し、私は3~4社の最終選考まで行きました。

 その中にある青森の企業がありました。

 そして青森の企業と別の企業から内々定を頂きました。

 あとは意思確認だけで行先が決まるという段階です。

f:id:virtue000000:20191110184201j:plain

 しかし、時間的な猶予はあまりありませんでした。

 確か2日以内に決めないと入社の意思がないと思われるかもという担当者の言葉がありました。そこで悩んだことを覚えています。

 もしも都会の方にいれば刺激的な生活が送れるかもしれない。

 いやいや地元の方がのんびりできるかも。

 そんな問答を繰り返した後、私は決断を出して今に至ります。

 

就職活動の軸

 人生を決める大きな決断をする時、自分が何をしたいのか、何をすれば満足するのかを明確にしておかないと迷うことになります。

 逆にこれさえ決まっていれば、後は行動するだけです。

 もしかしたら、自身の決断を悔いることがあるかもしれません。

 しかし、自分の軸はこうゆうものだと認識しての決断だったのならば、その後悔も無駄にはならないと思います。

 またこの軸は変わる可能性もあります。

 変わった時はまたその軸に沿って転職活動や起業しても良い、そんな風に思っています。

 皆さんの就職活動や転職活動が上手くいき、のびのびと働けることをお祈りして、今回は終わりにします。

 

 良ければブックマークボタンを押してもらえれば嬉しいです!

 コメントも待ってます!