青森県活性化ブログ

青森活性化ブログ

青森県活性化に貢献する内容を提供し、また皆様に学ばせてもらうブログを目指しています!

青森の政治家② 滝沢もとめ

・はじめに

前回の投稿に続いて、青森県の政治家について書きたいと思います。

今回取り上げるのは青森県参議院議員の滝沢もとめ議員です。

恥ずかしながら、この前の参議院選挙があるまで知らない方でした。

私自身も記事を書きながら、政治について興味を高めています。

他の方にも興味を持つきっかけになればと思って書いていきます。

 

青森県の政治家 滝沢もとめ (自民党

滝沢もとめ議員は1958年生まれの60歳の方です(2019年10月現在)。青森県立八戸高校を卒業後、中央大学法学部に進学しています。

ここで気が付いたのが前回ブログに書いた木村次郎議員と同じ大学、同じ学部ということです。政治家になる人の法学部率は高いですし、青森県の政治家は中央大学を経由することが多いのでしょうか?(今度調べてみます。)

話しは戻りまして大学卒業後、中曽根元総理の秘書を経て参議院選挙に打って出ますが落選します。その後青森県議員を5期経験し、2013年参議院選挙に再挑戦し当選しています。

一度挫折を味わっていても、また選挙に打って出る志は凄いと思います。

 

政治的主張

原発   電源の一つとして保つべきだ

TPP交渉 賛成

消費増税 賛成

憲法   改憲派

 

上記以外にも多くの主張をされています。

また公式サイト中で地方創生のため、観光産業にも力をいれるとコメントしています。

そのための具体的な手段として交通の整備を挙げていました。

これは理にかなっているとおもいます。青森は本州の北端ということで他の地方からのアクセスが悪いことは住んだことがある人ならわかると思います。また県が広く観光資源がバラついているため、移動を効率化することで観光客の満足度向上にもつながると思います。

 

SNSなどの情報発信

公式サイトに加えて、オフィシャルブログ、Twitterを使用しています。

Twitterは選挙のPR目的の用でしたが、オフィシャルブログは月2回ほどのコンスタントな更新があります。

やはり選挙期間でなくとも小まめな情報発信をしている議員の方には好感が持てました。

 

・まとめ

前回の記事を読んでいる方は感じたかもしれませんが、木村次郎議員と滝沢もとめ議員を比べた私の印象は滝沢議員の方が良かったです。

失敗しても再チャレンジした経験、具体的なビジョンの表明、小まめな情報発信など真面目な活動をされている方だと感じました。

 

また今後も調べていき追加の情報があれば記事を書きたいと思います。

最後に公式サイトからの動画も引用しておきます。

 


自由民主党 滝沢もとめ

 

・参考

滝沢もとめ 公式サイト

https://www.takisawamotome.com/

滝沢求 wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%9D%E6%B2%A2%E6%B1%82

滝沢求 オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/motome-takisawa/archive-201904.html